冠婚葬祭には正しい封筒を選びましょう。

冠婚葬祭に欠かせないのが、御祝儀やお香典などの金銭を入れる封筒です。
実はそれぞれにいろんな意味があり、きちんと選ぶ事が大切なのです。
今日は封筒の基本的な事を説明したいと思います。
まずおめでたい時、結婚式に使う場合について説明します。
結婚祝いを包む時は、右上側に熨斗のついた物を選びましょう。
熨斗は昔からお祝い事に縁起物の海産物を贈るという『のしあわび』から来たもので、縁起が良く正式な印象を与えます。
そして一番大きな大切なポイントは、水引の形です。
結婚式の御祝儀袋は『結び切り』という形の物を選びましょう結び切りには一度結んだらほどけない、結び直す事は出来ないという意味が込められているので、結婚式にはこちらを選ぶのが正しいマナーです。
水引にはもう一つ蝶々結びという物があります。
これは何度でも結び直せる、つまり何度あっても良いめでたい時に使います。
主にお子さんの誕生日祝いなどに使いましょう。
次に不幸があった時の封筒の選び方について説明します。
お葬式に持って行く物を香典と言いますが、こちらも悲しい事は一度きりで良い、と言う意味で水引には結び切りを使います。
結婚祝いには金と銀の水引ですが、香典袋は白黒か双銀の物が基本です。
またお葬式は故人の信仰していた宗派によって、表書きの字が変わります。
仏教なら御霊前や御香典、キリスト教なら御霊前や御花料、神道なら御霊前や御玉串といった書き方をします。