冠婚葬祭で持参する封筒の種類

冠婚葬祭の場に出向くとき、相手側にお渡しする現金を持参する場合がほとんどです。
例えば結婚式や披露宴には結婚祝いを、お通夜や葬儀には香典を持参します。
そしてそれを包む封筒、一般的に熨斗袋と呼ばれるものにも種類があり、マナーとしてその時々に合ったものを選ぶ必要があります。
祝い金を包む袋をご祝儀袋といい、縁起の良さを表す赤白の紐が結ばれている、もしくは印刷されています。
さらに豪華に見えるものでは、金銀のものもあります。
お通夜や葬儀、法事・法要の際に香典を包む袋を香典袋、お供え袋といいます。
こちらの紐の色は黒白、または黄白が一般的です。
この紐の部分を水引といいます。
水引の結び方の主な種類には、結婚以外のお祝いやお礼全般に使われる蝶結び、1度きりにしたい結婚や繰り返したくない葬儀のときに使われる結び切りと、あわび結びがあります。
このように、熨斗袋の水引の結び方や色はそれぞれの意味合いによって使い分けられています。
誤った用い方をして先方に失礼がないよう、正しい知識と注意が必要です。